赤ちゃんや子供でも時差ぼけ解消法の基本は同じです。

ハワイに到着してもホテルでお昼寝せずに動き回る! 

これに尽きます。


娘が小さいうちは アーリーチェックインか前日からお部屋を予約してました。 でも赤ちゃんのときもそこで寝かせると寝すぎるのでざくざく連れ出してました。


眠くなるのはメラトニンと言うホルモンが出るからなんだけど、それは光でコントロールされています。

なので日本時間の夜中にこそ 日の当たる場所にいることが大事なんです!

でも日差しが強いので日焼け止めや長袖でしっかりカバー!

kodomo-asobiお昼間には 子供が眠くなりにくいようにビーチに行ったり公園に行ったり子供の喜ぶことをしていました。 





そして
寝る1時間くらい前から薄暗くして寝る時は真っ暗に!


kodomo-neruホテルだと子供のためだけに真っ暗にするのは無理ーっという場合は!
アイマスクです! これ最強!




イチオシはテンピュールのアイマスク! 
これほんっとに最高です! ほんとに目を圧迫せずに真っ暗になるの!
うちでは一人一個持ってますw 普段から使ってますw 
でもかさ張るのでハワイでは機内でもらったの使ってます。

テンピュール(R) スリープマスク グレーテンピュール(R) スリープマスク グレー
販売元:テンピュール(R)
クチコミを見る


そしてとにかく早く寝かせてあげ、次の日の朝はきっちり起こせば時差ボケを引きずることもなく元気に機嫌良く楽しんでくれると思います!




私は小さいうちの海外旅行に賛成ですが、それでも子供の体を第一に考えることが大事だと思います。

親のエゴになっていないかどうかも考えてほしいと思います。
(私も私のエゴだと言われたら完全否定はできないかもだけど)

小さい子にとって時差は体と脳にすごい負担です。
時差ボケでツラいというだけではなく、爆発的に成長している体と脳にとって大きな負担になります。

なのでなるだけ早くリズムを作ってあげることが大事です。

短期の旅行だとその負担が倍増するので、うちは長期で行くようにしていました。


子供も大人も楽しいハワイになりますように!